農業界地図ロゴ

2020年05月27日

作況指数

 ↑
これは、「さっきょうしすう」と読みます。

作況指数は稲作で使われる用語ですが、農林水産省の資料には以下のように書かれています。


作況指数は、全国農業地域ごとに、過去5か年間に農家等が実際に使用したふるい目幅の分布において、大きいものから数えて9割を占めるまでの目幅(北海道、東北及び北陸は1.85o、関東・東山、東海、近畿、中国及び九州は1.80o、四国及び沖縄は1.75o)以上に選別された玄米を基に算出した数値である。



難しい、、、。
簡単にいうと、「その年の収穫量を示す指数」(※2)のことで、
数値によって以下の通り分類されます。
ーーーーーーーーーーー
106以上:良
105〜102:やや良
101〜99:平年並み
98〜95:やや不良
94以下:不良
ーーーーーーーーーーー

平成30年産水稲の作況指数は、全国平均は「98」でした。
詳しい数字は、農林水産省の資料から確認できます。
・「平成30(2018)年産水稲の作柄について」
https://www.maff.go.jp/j/study/suito_sakugara/h30_3/attach/pdf/index-11.pdf

なお、平成以降の最悪の作況指数は、平成5年(1993年)の「74」で、
この時はお米が足りず、タイ米の緊急輸入をする事態となりました。

本日はここまで!

<引用・参考>
・(※1)「平成30(2018)年産水稲の作柄について」(農林水産省)
https://www.maff.go.jp/j/study/suito_sakugara/h30_3/attach/pdf/index-11.pdf
・(※2)「作況指数って何ですか?」(ごはん彩々)
https://www.gohansaisai.com/know/entry/detail.html?i=233
・「平成史 生活@ 平成5年 冷夏による米不足」(ウェザーニュース)
https://weathernews.jp/s/topics/201903/120115/

posted by 農業マメ知識 at 23:37| Comment(0) | 稲作

2020年05月26日

粳米と糯米

 ↑
タイトルの漢字、読めますか?

「粳米」の「粳」は「うるち」と読みます。
続けると「うるちまい」。
うるち米は、日本人が普段食べているお米のことです。

「糯米」の「糯」は「もち」と読みます。
続けると「もちごめ」。
もち米は、お餅やおこわなどに調理して食べているお米のことです。

稲作農家さんが、
「うちは うるち しか作ってないよ」とか、
「少しだけ もち も作ってるよ」と仰るときは、
うるち米ともち米の作付け割合についてお話されていることが大半です。

ちなみに、
うるち米ともち米は、デンプン(アミロースとアミロペクチン)の割合によって分類され、
・うるち米:アミロース約20%・アミロペクチン約80%
・もち米 :アミロース0%・アミロペクチン100%
となっています。

アミロースの割合が少ない(アミロペクチンが多い)と粘りが強いお米、
アミロースの割合が多い(アミロペクチンが少ない)と粘りが少ないお米になります。

本日はここまで!

<引用・参考>
・やまぐちお米つうしん
 http://www.yc.zennoh.or.jp/rice/mamechishiki/mame01-4.html
・農研機構 東北農業研究センター「冷めてもおいしい低アミロース米」
 http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/tarc/contents/lamy/index.html
posted by 農業マメ知識 at 19:40| Comment(0) | 稲作

2020年05月25日

法人の略し方

農業法人は形態によって、
・会社法人(株式会社、有限会社、合資会社、合名会社)
・農事組合法人
に分かれます。

それぞれ略し方があり、
・株式会社→(株)
・有限会社→(有)
・合資会社→(資)
・合名会社→(名)
・農事組合法人→(農)
と略します。

会社情報を見るときの参考にしてください。
本日はここまで!
posted by 農業マメ知識 at 22:14| Comment(0) | 農業法人